敏感肌の正しいケア方法-洗顔編

メインイメージ

敏感肌さんの洗顔について

敏感肌さんのお肌ケア

肌タイプの一つとして敏感肌があります。
敏感肌というのは要は刺激に弱いお肌の事ですが、通常の肌ケアをしてしまうとお肌が荒れてしまう恐れがありますので注意する必要があります。

その石鹸、正しいですか?

注意点はいくつかありますが、その一つとして挙げられるのが洗顔です。
洗い方一つで肌状態というのは違ってきますので、洗い方に気を配る必要があります。
正しい洗顔方法としては、まず使用する石鹸選びからきちんと行う事が大切です。
使用する石鹸によっては肌状態を著しく悪くしてしまう原因になります。
特に脱脂力の強い石鹸ですとお肌に必要不可欠な脂分を奪ってしまい、その結果肌状態を悪化させてしまいます。
その為、お肌に適度な潤いを残しつつ洗う事ができる石鹸を選ぶようにする事が大切です。

泡立ちが大切な理由

次に大切なのが洗い方ですが、洗う際には石鹸をしっかりと泡立てる事が大切と言えます。
洗顔をする時に石鹸を十分に泡立てずに洗い始めてしまう方も少なくありませんが、泡立ちが足りない状態ですと、洗っている時に手の平がお肌に触れ易くなってしまいます。
それによってお肌と手の平の間に摩擦が発生してしまい、その結果お肌に刺激を与える事になります。
摩擦というのはお肌に対してダメージを与えてしまいますので、そのダメージを回避する為には石鹸を泡立ててから洗う必要があります。

洗い方アレコレ

力加減にも気を配る必要があります。
洗う時にはお肌を絶対に擦らないようにする事が大切です。
ゴシゴシと擦った方が汚れが落ち易くなりそうなイメージですが、擦ったからといって汚れ落ちが良くなるという訳ではありません。
しかもお肌に強い刺激を与えてしまいますので、泡だけで優しく洗うように意識する事が大切です。
泡だけでも汚れは十分に落ちますし、お肌に対して刺激を与えずに済みます。

最後の注意点

洗顔はスピーディーに行う事も大切なポイントです。
お肌に優しい石鹸でも少なからずダメージになりますので、時間を掛けずに速やかに洗い終える事が大切です。

Copyright © 2010 敏感肌の正しいケア方法-洗顔編 All rights reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。